CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
PR
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 冷え性 | main | 夏の虫 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
卒論
片付けついでに卒論が出てきたので、ちょっと目を通してみた。
わたしは学科の性質上、登録にない漢字もあるし、手書き提出だった。200字の原稿用紙で150枚くらいだから、量としてはそれほどではない(小説だと短編くらい、のはず)。

学生のときは、詩は書いてなかったのに、李商隠という詩人を扱った。
けっこうマイナーで、耽美的な漢詩人だから、今のわたしと繋がりようもないし、そもそも漢詩は現代詩とは別物というくらい違う。
とはいえ、それなりに通じるところもあったりするし、それなりに血の気も多い(若い)から「詩とは何か」的なことを堂々と論じてたりして笑える。

JUGEMテーマ:卒論
 
| 日記 | 23:30 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 23:30 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック